優良サイトも喜ぶ

法律の後ろ盾

出会い系サイトと言うのは騙されたらそれで終わり!と言うのが今までだったらそうでした。被害者が泣き寝入りをせざるを得ない状況で騙されたほうが悪いと言う感じでした。そんな感じで法律が全くといいほど成立していなかったので悪徳業者がかなり儲かっていたと言われております。

ちょっと前でも年間何百億円という被害金額がニュースで流れていたので当時はさらに日本全体でお金がたくさんあったのでさらに被害総額が上がっていたのではないでしょうか?

そのイメージがあまりにも強すぎてしまっているのでどうしても今も騙されたらもうどうしようもないと思っている人が多いですが、今と昔ではかなり時代が変わっているのです。タダでさえインターネットの世界は移り変わりや進化のスピードが速いと言われている状況の中で法律も環境も変わらないと言うのはほとんどあり得ないといっていいでしょう。

日本の警察はかなり実はかなりすごくて一度悪徳業者をつぶそうとしたら徹底的につぶしにかかるのです。日本の警察の阻止的な取り締まりはすごいです。

それを後押しするようにインターネット関係の法律も充実してきました。ちょっと前だったら無理やり会員登録させられていたりもしましたが今ではそういったことがされたら直ちに取り締まられてしまいます。

当時のイメージがあまりにも強すぎてしまっているためにどれだけインターネットと出会い系サイトの環境が整ってもどうしても怖いもの!というイメージが強いですよね。インターネットに関してはだいぶ定着したために自分で調べることが出来る人が増えてきました。

しかし、出会い系サイトに限ってはあまりイメージが払しょくできていないですよね。それでも法律などもととのっていますし悪徳業者も昔みたいに肩で風をきって歩くようなことはできなくなりました。必ず悪は罰せられるもので今は騙されてしまったとなれば徹底的につぶされてしまいます。

それこそ悪徳業者は何も悪いことをしていないケースでも悪者扱いをされているケースもあるほどですので悪徳業者もかなり数を減ってきております。

悪徳業者からしてみればリスクを背負って大金を得ているようなものですが、リスクだけが上がってお金は稼げないとなると誰もがやらなくなります。

被害者がお金を騙されても取り返せるようになり、悪さをする業者の数、インターネットの環境など色々な部分で今は昔と違って大きく変わってきたのです。